まとめちゃんねる

神戸製鋼に新たな不正、DVDや液晶ディスプレイの素材の検査データ改ざんが発覚

記事登録日時
2017/10/12
ブログ記事人気度
まとめサイト人気度
ブログサイト名
IT速報
ブログ記事概要

大手鉄鋼メーカーの神戸製鋼所は、11日夜、記者会見を開き、アルミ製品と銅製品の検査データの改ざんに続き、DVDを作る際に使われる金属製品についても検査を行ったように装うなどの不正があったことを明かした。

神戸製鋼は、ことし8月末までの1年間に出荷したアルミや銅製品の一部で、顧客に事前に約束した強度などを満たしていないにもかかわらず、検査証明書のデータを書き換えるなどして出荷していました。

会社側は11日夜、記者会見を開き、この問題に加え、子会社のコベルコ科研が製造したDVDや液晶ディスプレイを作る際に使われる「ターゲット材」と呼ばれる金属製品についても、不正があったことを明らかにしました。

具体的には、平成23年11月以降、70社に出荷した製品について、実際には、検査をしていないにもかかわらず、検査したよう装ったり、データを改ざんしたりしていたということです。

また、自動車などの部品の材料になる「鉄粉」で、検査データが改ざんされたのは、昨年度、兵庫県の工場で製造された140トン分だったことも明らかにしました。

いずれの製品も、今のところ安全性に問題は確認されていないということです。

神戸製鋼の勝川四志彦常務は記者会見で、「ご迷惑をおかけし、改めて深くおわび申し上げます」と述べ、陳謝しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171011/k10011175201000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007


続きを読む
外部ツール
twitterでつぶやく

mixiボイス
Facebook share

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote